HOME

h1-oshirase.png

 私たちの研究室では,糖尿病やメタボリックシンドローム,脂肪肝といった生活習慣病の原因解明と新しい治療法開発につながる基礎研究を行っています.

 脂質・糖代謝の観点からアプローチし,特に肝臓の栄養代謝の恒常性維持がいかに生活習慣病の発症と維持に重要であるかを明らかにすることを研究室の大きな目標としています.

 研究室では大学院生・学生を募集しております.肥満症,糖尿病などの生活習慣病や栄養代謝などに広く興味のある学生さんの参加をお待ちしております.研究室までお気軽にお問い合わせ(太田嗣人:tota@staff.kanazawa-u.ac.jp),お立ち寄りください.

h1-oshirase.png

  • 2016年7月22日
  • 新聞・TV報道を更新しました。左のメニューからご覧ください。
      
  • 2016年7月21日
  • 当教室の論文がDiabetesに掲載されました。
  • DPP-4 inhibition by linagliptin attenuates obesity-related inflammation and insulin resistance by regulating M1/M2 macrophage polarization.
    Diabetes. 2016 Jul 21. [Epub ahead of print] (PubMed)
  • 2015年11月25日
  • 当教室の論文がScientific Reports誌に掲載されました.
  • Astaxanthin prevents and reverses diet-induced insulin resistance and steatohepatitis in mice: A comparison with vitamin E.
    Sci Rep. 2015 Nov 25;5:17192. (PubMed)
  • 2015年3月5日
  • 当教室の論文がEndocrinology誌に掲載されました.
  • Prevention and Reversal of Lipotoxicity-Induced Hepatic Insulin Resistance and Steatohepatitis in Mice by an Antioxidant Carotenoid, β-Cryptoxanthin.
    Endocrinology. 2015 Mar;156(3):987-99. (PubMed)
  • 2012年7月1日
  • 当教室の論文がDiabetes誌に掲載されました.
  • CCR5 plays a critical role in obesity-induced adipose tissue inflammation and insulin resistance by regulating both macrophage recruitment and M1/M2 status.
    Diabetes. 2012 Jul;61(7):1680-90. (PubMed)

h1-under.png

  pagetop.png